企業情報

代表挨拶

店舗の移転・撤退時の処分品オフィスや倉庫に溜まった不用品など搬出から処分までトータルサポート致します。

日本だけでなく、世界中で3人に一人は65歳以上という状態が起こります。 では、高齢化が問題か?実は、そうではないのです。 日本人は現在長寿世界一といわれていて、女性86歳、男性75歳。 これが、大きく間違っている。現在世界中でも、病気と病気の手前=未病(半病ともいい、半分病気の状態)が増えています。 この21世紀最大の問題を解決することが、われわれの理念・ヴィジョン。 正しいライフスタイル「美容習慣、健康習慣」つまりエイジングマネジメント(適切に歳をとることをマネジメントするという意味)を広めることで、社会を変える。 「ウツが治った」「引きこもりが治って仕事を再開した」「恋をした!」 ミッショナリーのサービスを通じて、本当に嬉しいお客様のお声を頂きます。 正しい美容習慣、正しい健康習慣を通じて、心身の現役寿命の最長化・最適化を実現する。そうして自尊心と健康を獲得した女性が社会で活躍し、イキイキと長生きできる社会を創りだす。 世界の人口、労働力の半分を占める女性がそうあれば、必ず社会は変わる。私たちは、そう信じています。

B-by-C代表あいさつ

ミッション

店舗の移転・撤退時の処分品オフィスや倉庫に溜まった不用品など搬出から処分までトータルサポート致します。

恋する100歳、働ける120歳を当たり前にします

今、日本では高齢化がもの凄いスピードで進展しています。 しかし高齢化が問題ではありません。 高齢化に伴い医療費が激増していることが問題なのです。 一つの原因は確かに高齢化です。 しかしもっと深刻な問題は、「未病」と言われる状態の病気予備軍の方々の存在です。

未病とは、『未だ病にあらず』(まだ病気ではない)を意味しますが、私たちは『半病』(既に半分病気)ではないかと命名します。 未病、半病のうちに、健康を取り戻すことが実現することこそが、現在の我が国の課題を克服することであると思っています。

年齢を重ねることに抵抗することは出来ません。しかし、年齢の重ね方をマネジメントすることは出来ます。社名である「エイジングマネジメント」は、社会の高齢化が幾ら進もうが、私たち一人ひとりが、健康であり続ける知恵と知識と習慣を身に付け、 私たちの接する様々な組織や機能がそれを助けると言う仕組みを作り上げます。

企業概要

商号 株式会社 エイジングマネジメント
設立 2014年7月7日
出資金 500万円
代表取締役会長 佐藤 達也
代表取締役社長 吉川 忠久
役員 黒田祐二
本店所在地 東京都中央区銀座2丁目11-8
ショールーム 東京都中央区銀座5丁目3-13
グループ企業 B-by-C株式会社
株式会社ビープラウド
・株式会社カンドーレ
・株式会社ウェブレス
株式会社NWマネジメントサービス
顧問 金澤武道
内藤真禮生

【本社】

東京メトロ日比谷線&都営地下鉄浅草線「東銀座」A8出口 東京メトロ銀座線「銀座」A12.13出口、有楽町線「銀座一丁目」A10出口